Country

EKTG Hayange 201511

 

*** New Date *** : 21 & 22 November 2015

Place:
Gymnasium Régine Cavagnoud
Rue de la Mine
57700 Hayange – France

Organized by:
Kyokushin France Tezuka Group
USTH Lorraine Kyokushin
Shihan Jean-Michel Piot

More information and registration
Français: Information stage Tezuka Group USTH 2015
English: Autumn Camp 2015 Kyokushin Hayange
Deutsch: Herbstpraktikum 2015 Kyokushin Hayange

The Polish Kyokushinkai Tezuka Group has the honor to invite the representatives of your dojo to take part in the X PKTG Kata Championship.

 The X PKTG Kata Championship will be held on 15 November 2015 in Wałbrzych, in the sports hall of „AQUA-ZDRÓJ” (Wałbrzych, ul. Ratuszowa 6). The participation in the PKTG Kata Championship  is free of charge.

The participation forms should be sent, in the written form, before 30 October 2015 to:
Eugeniusz Stanisławek    ul. Krasickiego 4/4     58-305 Wałbrzych      Poland
e-mail: tezuka@kyokushin-tezuka.pl

The PKTG Kata Championship will be carried out in 8 categories (Annex 1) in accordance with the rules of the Polish Kyokushinkai Tezuka Group:

  • every 1 participant may compete in 2 categories (individually and in a team),
  • 4 or 8 best performing competitors enter to the final round, 8 only in the categories where there are more than 16 participants,
  • for each round, qualifying round, semi-finals, finals – different kata should be performed (from the kata list proper for the given category),
  • the category will be created only when there is at least 6 participants competing in this category (for individual categories) or 4 teams,
  • the first three best competitors for each category will be granted a cup, a medal and
    a diploma. All competitors will receive the participation certificate.

Participants are requested to arrange their own accommodation. If there is a need, the organizer will try and help in arranging accommodation.

Program
10:00 – 11:00  licenses and identity documents check (identity document with a photo is required – school card, identity card, passport)
11:00 – 11:30  referees’ meeting (official EKTG referee dress code: black trousers, white shirt with
a badge, dark blue jacket, bow tie, whistle)
11:30 – 15:00  qualifications, semi- finals and finals
15:00 – 15:30  awards ceremony

More information:
X PKTG KATA CHAMPIONSHIP
Categories_Annex 1
Participation form_Ind.Cat
Participation form_Teams

The EKTG Summer camp 2015 will be held in Belgium from Monday July 27th to Saturday August 1st.

The sport centre is located at the lakes of l’Eau d’Heure which is a great nautical complex of 1800 hectares divided into 600 hectares of lakes and the same surface of forests and grasslands.

See invitation for more information: Invitation EKTG SC 2015

Registration form: Registration EKTG SC 2015

Access to the sport centre: Access map

EKTG SC 2014

EKTG SC 2014

EKTG SC 2014

In collaboration with the Polish Kyokushin Tezuka Group.
Special invitation for all members of the European Kyokushin Tezuka Group.
4 categories:
– Kata
– Knockdown
– Light contact
– Semi-knockdown

OYAMA IKF European Cup – Invitation to Poland

OYAMA IKF European Cup – Regulations 2

OYAMA IKF European Cup – Group Enrolement

OYAMA IKF European Cup – KATA app

OYAMA IKF European Cup – Knockdown app

OYAMA IKF European Cup – Children Light Contact app

OYAMA IKF European Cup – Semi Knockdown-Juniors app

Tuesday the 29th of July 2014, at the 8th EKTG Summer Camp, a memorial for Shihan Alain Breugelmans, who passed away the 5th of May 2014, was held.

Here follow the original japanese version of the speech made by Kaichô Toru Tezuka on this occasion.

智子 さん。
お手数をお掛けします。
私の考えていることを、送ります。

私は誰よりも師範アランの死を悲しんで居ます。
彼は私にとって兄弟(弟)のよう愛する存在でした。
彼からのメールはいつもあにさんで始まりました。
2004年に彼との出会いが有りました。
オランダのスジャークとの合流のため師範アランはカナダのケベックに来てくれました。
多分、日本人の空手家との出会いに多少緊張していたと思っています。
それは、彼の経験がその様に感じさせたのだと思います。
私はカナダの師範Michelの家に寄宿していました。
私たちは毎日のようにMichelの家で会いました。
私は日々調理をして食事を共にしました。
それが、カナダ訪問の決まりのようなものでした。
後に、アランは言いました。毎日ベルギーの自宅へ電話して会長手塚が作ったものを一緒に食べている
と伝えて居たようで。日本人の考えでは同じ釜の飯を食べることは真に友人・活動の理解者(同志)ということを
表します。
彼の奥さんは、その人と一緒に活動を勧めたようです。
これが彼との出会いでした。
その後、私とMichelはオランダを訪問、スジャークとの合流が決まりました。
一時、スジャークの活動がこのグループの理念に合わず、彼を除名し、アランもスジャークと行動を共にしたと
考えましたが、アランはこのグループに残ることを希望しました。
私はアランの考え、そして行動を頼りにしました。
日本にも彼は積極的に来てくれました。
そして、ロシア・パキスタン・カザクフスタン・アゼルバイジャン・プエルトリコ・ボストン・カナダ・ヨーロッパ各国など
行動範囲は広がり、私も共に各国を訪問しました。
今はそれらが懐かしくも、さびしい気持ちに繋がります。
私はこの活動中に、非常に困難な病気にかかりました。
しかし、私にとってはアランの存在は大きな期待であり安心できるものでした。
私は時に思います。
人は何が幸せか、不幸せかわからないと・・・・
時にアランのこのグループでの活動は幸せだったのか?
彼は完全に自分の人生を燃え尽きるまで頑張りました。
私には感謝しかありません。
彼との出会いと別れまで、本当に感謝です!
私は彼がやり残した部分を皆と頑張り、近い将来彼とまた会える日を楽しみにしている近況です。
彼は今も多くの人々の心に有り、みんなを見守って居ます。
有難う、私の愛する弟、アラン・ブルゲルマンス。
会長であり兄さんである手塚 暢